もうこんなに大きい、ではなく、まだこんなに小さい

上の子ちゃん一応日中のおむつは完全に取って、夜だけおむつを
しているのですが最近も3日連続幼稚園でおもらしをしてきました。

「遊びに夢中になって行くのを忘れるみたいです。」
と先生はやさしくおっしゃるのですが
遊びを中断するのが嫌、トイレに行くのが面倒で漏らすというのは
うちの子の場合家でもよくあることです。
モジモジしているからトイレに行かせようとしても「出ない」
と言って聞かない。・・・そして間に合わなくて漏らす。

朝まだオムツを外していない時には喜んでそのままウンチもします。
トイレでやったほうがずっと気持ちがいいと思うんですけどね。

忙しいときにオムツでウンチされたり、おしっこを失敗されるとイライラもしますが、
全体的にトイレトレーニングについてはほぼふっきれています。
4歳でも5歳でも失敗することはあるし、何より下の子ちゃんを
授かって育てていると上の子のときとの気持ちのもち方の違いに気づかされます。

ひとりめは食べこぼしにしても、オムツ外しにしても、何かにつけて
「もうこんなに大きいのに」とよく思っていました。
でも下の子ちゃんが2歳、3歳で同じ事をしても絶対に
「まだこんなに小さいんだから」って思う気がするんです。

身長は成長曲線の上をつきぬけるとても大きな子だけれど、
上の子ちゃんだってまだ3歳。まだまだ小さな幼い子ですから。

スポンサーリンク