エルゴでの抱っこが危ない!と思った瞬間

3人とも新生児の頃から愛用しているエルゴベビーキャリア、夏の抱っこが暑いということ以外は特に不満もなく愛用しています。(わたしのTシャツが汗びっしょりになるので暑い日は自分のお腹のところにタオル入れてます。)

 
かわいい色にも惹かれますが、結局シンプルで飽きのこないカラーが使いやすいです。

小回りが利くのでとにかく大活躍のエルゴなんですけど、ふたりめ以降にエルゴで赤ちゃんを抱っこしていて、危ない!と思うことが何度かありした。

最大の理由は、赤ちゃんを抱っこしているので頭が前に出ているということです。そして、わたしの場合、上のふたりがまだ小さいので危ないと思う場面が増えていると思います。

最近危ない、と思ったことを書いて見ると、、、

・バスに乗車中に急ブレーキで赤ちゃんの頭がぶつかりそうになった
→電車やバスの走行中はかならずどこかにつかまって急ブレーキでもぶつからない空間を確保

・ベビーカーに2歳児を乗せるときにイヤイヤでバタバタされて赤ちゃんと2歳児の頭がぶつかった
→2歳児を抱き上げるときに腕を曲げずに伸ばしてバギーに座らせる

・公園で上の子たちを遊ばせているときにエルゴに入れたまま助けに行くとき(落ちた、転んだ等)
・しゃがんで子供の落としたものを取ったりしなければいけないとき

おんぶにすれば避けられることもあると思うんですが、まだおんぶは少し早いので無理。大きくなっておんぶができても、今度は後ろに頭がでっぱることになるので電車やバスに乗るときはそちらのほうが危ない気がします。前なら見えるし、手で守ってあげられるから。うちの子供たちは家事のときは寝かせておけるので、基本わたしはエルゴは抱っこでしか使っていません。

外で上の子たちを遊ばせるときは、下の子をバギーに乗せていって、公園で遊んでいる間は末っ子をバギーで寝かせるようにしています。赤ちゃんを見たい他の子がバギーにつかまって覗き込んだりしてバギーが倒れないように気をつけないといけないのでこれも良し悪しなんですが。

★ベビーキャリー人気ランキング(RAKUTEN)

スポンサーリンク