エルゴとマンジュカを比較してみました

エルゴの夏は汗まみれの夏なので暑さがひと段落して涼しくなって、秋の気配を感じるようになると喜びが格別ですね。大変だけどエルゴなしの生活は想像もできません。

先日、マンジュカを愛用している友達がおなじくお子さん3人を連れて遊びに来てくれました。パパたちも一緒だったので、すこしは話をする余裕があって、お互いのエルゴとマンジュカを交換して赤ちゃんを抱っこしてみたりすることもできました。このエルゴとマンジュカ比較、とても楽しかったです。

結果からいうと、エルゴとマンジュカは良く似ていますが、使用感はすこし違っていました。でも使用感自体は慣れでたぶんどちらもほぼ同じような感じ。使い慣れているのもあって、わたしはやっぱりエルゴが好きと思いました。

その最大の理由はポケットです。エルゴにあって、マンジュカに足りないものはポケット。実はわたしエルゴを使うときはいつも家や車の鍵をそこに入れていて、このおかげでかばんを引っ掻き回して鍵を探さなくていい、というのがとても気に入っているんです。(←エルゴ使用時以外は鍵がすぐにみつけられないヒト)そのポケットがマンジュカはない。エルゴのポケットなら固い鍵も外側に立体的になっているから赤ちゃんの体を圧迫しないし、寝ていても出し入れで赤ちゃんを起こすことも(わたしの場合は)滅多にありません。鍵だけでなく小銭入れも入れられます。

マンジュカユーザーの友達が言うには、マンジュカのフードが小さくてすこし不満だそうです。たしかにエルゴのほうがフードは大きくて余裕ですっぽりカバーできるので、寝てしまってしっかりカバーしたいときや、授乳したい時などはエルゴのフードのほうが使いやすそうです。

でもマンジュカにも良い点はあります。それは腰のベルトのパッドがエルゴより長いせいか、腰にかかる加重がエルゴよりも楽。肩のベルトはエルゴのほうが厚みもあって負担がすくないように感じますが、腰ベルトはマンジュカのほうが楽だと思いました。でもマンジュカをつけたまま座ると、逆に腰ベルトがしっかりしすぎてお腹が圧迫されてキツイと友達は言います。立って使う分には、マンジュカの腰ベルトは最強かもしれません。

色が違うので単純比較はできないんですが、友達のマンジュカは濃いブラウンの部分がかなり日焼けして褪せていて、わたしのグレーのエルゴのほうが見た目はすこし新しそうに見えました。色褪せや汚れが目立たないという点では、エルゴのグレーがたぶん無敵。エルゴはキャメルも汚れと使用感が目立ちにくいみたいです。

 

友達が言うには、マンジュカは3500gの赤ちゃんから新生児でもインサートなしで使えるのが便利だけど、実際に3500gの赤ちゃんに使ってみると、小さすぎて安定感にかけて怖い気がしたそうです。このあたりはやはり体格のいい外国人を基準に作られているせいなのかもしれないですね。友達は細めで、パパはがっしりした体格ですが、パパのほうが赤ちゃんが小さいうちは特に安定したのだとか。赤ちゃんが育ってきて半年くらいになれば差は少ないそうです。エルゴはインサートが不便だけど、逆にきちんと使えば赤ちゃんをしっかりホールドしてくれる感じはしました。


安心の正規品が確実に手に入ります

エルゴもマンジュカも使い慣れれば基本的に同じくらい使いやすい抱っこ紐(おんぶ紐)だと思います。でも最初に書いたように、わたしはエルゴのポケットがとても気に入っているので、ポケット分でエルゴのポイントが高いです。腰がとても楽なのが魅力だけど、もうエルゴで慣れているし、今更マンジュカを買い足そうとは思いません。友達もエルゴのフードはうらやましいけど、マンジュカに満足していて、エルゴを買いたそうとは思わないと言っていました。

エルゴとマンジュカの比較。とりかえっこで遊んで昔小学生の頃、友達と来ているお洋服をトイレで交換して次の授業に出たりしたことを思い出しました。わたしの試した感じではエルゴとマンジュカはその程度の差です。

スポンサーリンク