ハンドメイドの品物を買う、という選択

なるべく買いすぎないようにしてきたし、友人たちからお古をわけてもらうことも多い子供服。元々のわたしの好みもあって、男の子、女の子でも両方着られるような色やデザインで選ぶのも洋服代節約のポイントになってます。

それでも3人分の洋服代というのはバカになりません。普段着はユニクロや無印、H&MやGAPのセール価格や限定価格を狙います。そればかりでは可愛そうなので、どのサイズも1着か2着はすこしおしゃれですこし値の張るお洋服も用意してあげます。外国で直接買ったほうがぐんと安くなるブランドは安く買って取り寄せたりもします。

それでも子供たちの洋服やファストファッションのものが半分以上。大量生産でなるべく安く作られた洋服たちをこの5年ほど買い続け、洗い続け、着せたり脱がせたりし続けてきました。3人の洋服にかかわる時間ってほんとうに多いんです。なのでそういう洋服たちにすこし食傷気味というか、はっきり言えば飽きてきてしまいました。

かわいいお気に入りの物を選んでいるので好きな服ではあるのですが、いくらおいしいものを食べても外食ばかりだと嫌になる、、、そんな感じでファストファッションの服自体にあまり魅力を感じなくなってきてしまったんです。こなってしまうと、値段が高くてもブランドの名前だけで、結局既製品はどれも同じ。これが手作りの服だと違うのかな、とふと思いました。

なので去年の夏は図書館でかわいい子供服の本を借りてきて、布地を買って来て、簡単なワンピースを自分で縫ってみたりもしました。でも3人の子育て中だし、在宅の仕事もすこしやっているし、とにかく余裕がなくて、久しぶりの裁縫をあまり楽しめませんでした。材料費だってかかるし、作る時間を時給換算なんてしちゃったら・・・ぜんぜん割にあいません。(子供のための手作りだからそういう計算するべきじゃないんですけど)

だったらハンドメイドの服を買えばいいじゃない、と思ってハンドメイドの品を委託販売しているお店をついでのときに覗いてみましたが、必要なサイズの欲しいデザインの子供服がある確立ってとても低いんです。2件見てみたけれど、お目当ての子供服じゃなく造花のリースやポストカードなど余計なものを買ってきてちょっと反省しました。ハンドメイドのお店は予期せぬかわいいものに出会ってしまうことが多いので、節約を心がけている者にとっては危険です。

それで思いついたのが、ハンドメイドの品をオンラインで買うことのできるサイト。以前アクセサリーを買ったことがあったけど、考えてみたら子供服だってたくさんあるはず。minneで子供服を探してみたら、これがまたお手ごろ価格でかわいいのが沢山ある。

手作りってもっと高価だとばかり思い込んでいましたけど、スカートで1000円台、トップスやジャンパースカートでも3000円くらいだったりします。もちろんもっと高価なのもありますが普段着ならこれで十分。なので最近は手作りの子供服を買うようになりました。丁寧に作られたお洋服には独特の温かみがあるような気がして、とても気に入っています。

そして手作りのお洋服のよいところは、なるべく大事にしたいと思うし、着ないと勿体無いから必要以上に買い過ぎないようにと思えるところだと思います。子供3人分の服を余分に買いすぎると、出費だけでなく整理も洗濯も保管もすべてが大変。子供ひとりの3倍どころか3乗くらい大変なことになります。

手作り品のオンラインショップはお洋服だけでなく、アクセサリーやスタイやバッグなど、かわいいものが沢山あるので、見るだけでも楽しくて大好きです。実際に手にとってみられないから届いてみるまでよくわからないというスリルもありますが、いままでのところは満足です。ただ、わたしは説明をしっかり読んでよく調べてから買おうと思うので、迷ってしまったりして決めるのに時間がかかるのが欠点かな。そして探しているもの以外にも、別のかわいいものに出会ってしまう可能性も大。ネットで好きなときに見られるから、時間ができるとついつい覗いてしまうのでちょっとキケンでもあります。

スポンサーリンク