卒乳について思い切り考えた日-授乳間隔が45時間も開きました

母乳をあげているママならいつ授乳をやめるのか、絶乳するのか、自然に卒乳してくれるのを待つのか考えますよね。わたしは生後12ヶ月を迎えるころからよく考えます。

不思議なことにわたしはおっぱいをあげる回数が1日1回になってからすごく子供が愛おしいと思う瞬間が増えました。よく眠れるようになったので余裕が出てきたんでしょうか?子供らしくなってきて笑ったり遊んだりするから?

原因はよくわからないけどそれがとても嬉しいです。

頻繁に授乳しているときは義務感のほうが大きかったし、授乳中も「幸せ」とか「かわいい」とか思ったことがなくて。母親として母性が足りないのかと自分で心配になるくらい子供に対する感情があっさりでした。

でも今は授乳時間がすごく幸せでやめたくないと思ってしまうんです。ほんとに不思議。

最近はまだ寒いけど外遊びをさせないと家の中だけではとても間がもたないので毎日必ず最低1時間は出かけて外で遊ばせるようにしています。それに買い物や来客なんかがあると午後1回と決めている授乳時間を取るのが難しく、いままでなんとかあげてましたが昨日はついに授乳なし。どきどきしながら夜そのまま寝て、次の日のお昼頃におっぱいが痛くなったので飲んでもらいました。

24時間以上授乳しないで自分が寝るというのは赤ちゃんが生まれてから1年以上なかったことなので、もうほんとーにどきどきしてこのまま卒乳なのかな、あれが最後の授乳だったのかな、なんて考えて夜中の1時半まで眠れませんでした。

飲みたいときは自分で「おっぱい」と言って洋服をめくるのですが、出かけていたり、友達と遊んでいる時は遊びに夢中でおっぱいのことを考える暇もないみたい。このまま卒乳を迎えるのかな?それとも意外とこれからが長かったりするのかな?いままで以上に考えてしまいます。

スポンサーリンク