小さいレゴと大きいレゴ(デュプロ)

オットとわたしがふたりともレゴ好きなもので、子供達にもレゴが買いたくて仕方がないわたしたち。
普通のレゴブロックはパーツも小さくて子供が小さなうちは危ないので
1歳を過ぎてからレゴデュプロをたくさん買ったり貰ったりして揃えました。

でも上の子ちゃんは3歳を過ぎた頃からデュプロではなく小さなレゴにも興味を持ち始め、
一時期はデュプロではあまり遊ばず、3歳代で小さなレゴだけで遊ぶようになっていた時期も。

 
小さいレゴ(左)と大きいレゴデュプロ(右)
3~4歳くらいになってくるとどちらを買おうか迷います

でも3歳後半からまたレゴデュプロブームがやってきました。
BRIOの電車と組み合わせてトンネルや陸橋を作ってみたり、
お家やバスや飛行機を自分で考えて作ってみたり、
楽しそうにいろいろ作って見せに来てくれます。
見せに来る途中でバラバラになって泣くことも多いんですが。。。(汗)


自由にいろいろ作るようになると基礎ブロックに加えて基礎板が必須らしく
大作に取り組んでいる時にはお友達と取り合いになることも。
ミニの基礎板だけで10枚以上あるのに・・・

小さなレゴも簡単なものなら最近では説明書をみて自分で組み立てたりできるし、
デュプロブロックと同じように自分で考えて作品を作ったりもできるけど、
お片づけがしっかりできないのと、下の子が同じように触りたがるのが困り物。

小さなパーツがカーペットに落ちていて思い切り踏んで泣いたり、
下の子が口をもぐもぐしていると思ったらミニフィグの帽子やタイヤパーツが
口の中に入っていたり、とにかく危なくて恐い。

なのでとりあえず小さなレゴは手の届かないところに片付けておいて、
上の子が遊びたがったら下の子が寝ている時や大人の目が届くときだけ
遊ばせることにしています。
でも最近はデュプロブロックが楽しいらしく、小さなレゴのことはほぼ思い出さないみたい。

レゴデュプロブロックは親戚からのプレゼントでもリクエストしてほんとうに沢山揃っているので、
もうすぐ4歳ですがまだしばらくレゴデュプロをメインに遊んでもらえそうで嬉しいです。

スポンサーリンク