授乳服もやっぱりユニクロがGOOD

(追記:この記事はユニクロからマタニティウェアが発売される2017年8月以前に書かれた内容です。)

年齢の近い3人の子を出産して母乳で育てていると、ここ4年マタニティウエアと授乳用の服を着ている時期が半分以上。だから普通の服を買うときも授乳向きの服でないと買えません。

でも、授乳服として売られているものは普段着でさえ高いものが多い。なので、ユニクロなどで普通の洋服から安くて丈夫な授乳しやすい服を探して買うことになるわけです。

専用の授乳服が必要な場合もある

授乳服やマタニティウエアは結婚式や入園式などでフォーマルな格好をしなくてはいけないときはそれ専用の服がやはり便利だし、特にマタニティは、マタニティウェアとして作られた服のほうがふくらんだお腹を計算したラインがとてもきれいだったりもします。

  

だから、妊娠中におしゃれをしていくような機会があるなら、妊娠中の体のラインを綺麗に見せてくれるマタニティウェアが素敵。マタニティファッションは妊娠中にしか楽しめません。大きく膨らんだバストとお腹を魅力的に見せてくれる服を着る楽しみって確かにあるのです。

幼稚園や小学校の入園卒園や、お受験などと妊娠期間が重なる時のフォーマルが必要なこともありますね。

でも普段に着る授乳中の服は、普通の服でも授乳服として使える服であれば、必ずしも授乳専用である必要はないと思います。

授乳服という名前に惑わされてはダメ

授乳服も使いやすい、使いにくいがあって、物によっては母乳で濡れやすかったり、授乳しにくかったり、赤ちゃんが嫌がったり、開けにくかったり、閉めにくかったり、専用のはずなのに???という物も多いです。

スナップが6個もついている授乳用部屋着とか、開け閉めが面倒で授乳服なのに結局そのままめくって下から授乳。授乳服の意味無し。ホックを開くタイプの授乳ブラも面倒なのでそのまま下におろしちゃう。これも授乳ブラの意味無し。

いくら授乳しやすい授乳服でも、胸元が2重になっていたりして洗濯後にすごく乾き難かったりもします。授乳服と売られている服だから、かわいいから、とよく考えずに”授乳服”買うと、実際に使ってみてからたっぷりと後悔することもあります。

ユニクロにマタニティや専用授乳服はないけれど

なので結局ユニクロの下着やトップスなんかで授乳しやすいものを選んで着ることが多いです。ユニクロってマタニティと授乳専用のラインはないけど、自分で授乳に使いやすそうな服を選べば、インナーもアウターも使えるものがけっこう見つかります。

ユニクロのブラトップが授乳キャミみたいでいい、というママも多いです。たしかに使えるけど、わたしはそもそも授乳キャミもあまり好きじゃない。ホールド感が足りないというか、ブラでしっかりサポートするほうが好きなんです。これは好みの問題ですね。

授乳キャミが 好きな方はユニクロのブラトップは良いと思います。ユニクロのブラトップでもサイズと素材は気をつけないと授乳しやすいしにくいが変わってきます。あくまでも乳を出したりしまったりすることを考えて、伸縮性はあるけど伸びきってしまわない素材を選びます。

わたしは敏感肌なので、授乳ブラのほうがコットンで肌当たりがいいものを選べるし、着心地も楽で好きです。ユニクロはワイヤレスブラとかも授乳ブラとして使えます。H&Mの授乳ブラも2種類持っていたけどわたしは形が合わなくてだめでした。

好きだった授乳ブラはこのタイプ↑でした。気に入って3人の授乳期間中に何枚も持っていました。すごく楽だし、適度なサポート力で大好きでした。もう必要ないけど、今だったらこちら↓が気になります。

去年のマイクロフリースのルームウェアワンピースは胸元が開くデザインがなくてちょっと残念でした。ワンピだけは下からめくって授乳ができませんから。

授乳服ではないけれど、定番のフリースジャケットは軽くて暖かくて授乳中に着ると肩が凝らなくて良いし、新生児の頃ならおくるみや毛布がわりにも便利。冬の夜の授乳はお腹や背中が寒いです。2014年はヒートテックのカーディガンもやわらかくて暖かくてよかったです。冷えや肩こりは妊娠中も授乳中も大敵です。

ユニクロの服を授乳服にする方法

基本は2枚がさね

わたしの場合は基本的に薄めの洋服を2枚重ねて、上に着る服はめくりやすいか、胸元が簡単に開け閉めできればベスト。アウターを上にめくって、下着の胸元をぐっと下に下げて乳を上から取り出します。

これは、ブラトップだとインナーを1枚でまとめられるし、わたしのようにブラトップや授乳キャミソールが苦手な場合は、普通にタンクトップと授乳ブラを着れば同じです。

カシュクールやブラウスなど、前が開くタイプの服を授乳に使うと、授乳が終わったときにサッと元にもどすのがもたもたして、あまりスマートにいかないのでわたしは苦手。

それよりも2枚がさねの隙間から授乳したほうが、ボタンもひももないので簡単に服の乱れを直しやすいです。特に二人目からは、いつも個室で授乳して鏡の前で着衣チェックできるなんてことはないのでこれ大切。

授乳専用の服のなかには、布が2重、3重になって乳を出しやすくなっているタイプがありますが、そういうタイプの服と同じような構造を重ね着で作ってしまうのです。しかも、重ね着で授乳服の代用をする場合、洗濯時には別々に洗えますから、乾くのも早い。

何枚も布が重なった授乳服の乾きにくさは、たぶん一度経験すると二度と買いたくなくなるレベルです。特に、普段着にはわたしは絶対に無理。

冷えは授乳の大敵

冬はヒートテックの丸首(UネックTがすき)と授乳ブラでアウターを着ます。ヒートテックの下着の生地は伸びがいいので授乳向き。家ではブラ+腹巻+アウターでもお腹が出ないので便利。夏もTシャツの下にリブタンクトップやキャミなどを着て同じ要領で授乳。

ユニクロだとリブレースタンクトップが気に入っています。(2014年の夏に発売されていたリブタンクトップで身頃の縫い目が後ろにしかないものがあったんですけど、これが丈も長くて、伸縮性も耐久性もあって授乳期間中に授乳服を代用するインナーとしては大好きでした。)

授乳服じゃないほうが洗濯も簡単

2枚にしておくと授乳中に母乳がもれて濡れたりしても大丈夫。うちの赤ちゃん、母乳がわいてきたときにむせて咳き込んで乳首を離してしまうことが多いので。ちゃんとガーゼを用意しておいても母乳がすごく出ているときに赤ちゃんが口を離してしまうと、すごく母乳がはねたり垂れたり飛んだりしてブラや服が濡れちゃうことも多いです。

こういうのは赤ちゃんやママによっても違うので、実際に授乳をするようにならないと分からないことです。授乳服は高価ですから、使い勝手が分からないものを複数買うのはよく考えたほうがよいかと思います。

結局は自分の好みです

どんな服を授乳用に使うにしても、普段どんな場面で授乳するのか、お乳の出方はどうなのか、胸の形、赤ちゃんの飲み方なんかで授乳に使いやすい服はかわってきます。人がこう言ったから自分にもよいとは限りません。

わたしはたぶん胸の形が授乳キャミに向いていないんだと思います。(授乳している時の胸が半円形みたいにしっかり丸くて高さというか、長さがあまりないから取り出しにくい。)

何度も繰り返しますが、高い授乳服がそれなりに便利なこともありますが、ユニクロで代用したほうが良いと思うような使いにくい授乳服もありますから、しっかり洋服のつくりや耐久性などを選んで自分に合った授乳服(の代用服)を探します。

わたしは普段からよくユニクロで服を買うので、ユニクロと書きましたが、代用授乳服を探す方法は他のブランドでも同じなので、好みに合って授乳しやすいお洋服を自分で探してくださいね。

H&M MAMAでは授乳服もあります

マタニティ以外の服から探すユニクロもそれはそれでよいのですが、ユニクロと違って、H&Mにはマタニティと授乳服を扱っているH&M MAMAというラインがあります。妊婦さんのお腹を綺麗に見せるデザインで、適度に流行を取り入れたH&M MAMAは大きなお腹でも着心地がよい服が多いです。別記事にまとめてありますから参考にどうぞ。⇒H&Mのマタニティウエア、H&M Mama

SALEの時は割安感がありますが、HH&M MAMAのマタニティや授乳服は普通の婦人服よりも若干高めです。でもトレンドを上手に取り入れているので、お仕事などっで外に出る機会の多いママさんには強い見方だと思いますよ。

スポンサーリンク