生後5週間が新生児にきびのピークでした

母乳で育っている赤ちゃんはママの体のホルモンバランスの変化が
母乳にも出るので新生児にきびが出やすくなるそうです。
上の子もたしか同じくらいのときににきびができ、
さらに生後3ヶ月過ぎには頭にべっとりした脂漏性湿疹が出てしまいました。
下の子のにきび、生後5~6週間頃は小さくて真っ赤なにきびが顔全体に
広がって、眉のあたりには脂漏性湿疹でカサカサとアトピーのように粉がふいて
痛々しいくらいひどいことに。
わたしの母乳のせいだと思うとすごくかわいそうでした。

痒がるとかそういうことはないのがせめてもの救いだけど、
お顔がぶつぶつの時に家族&友人に「新しい写真送って~」と言われても
写真だとますますひどく見えることもあって写真を撮ること自体をためらってしまいます。
(にきびがあっても親としてはめろめろにかわいいんだけど)
そんな写真を人に送るのはやっぱりちょっと嫌。

泣いた後や授乳の後はにきびの色も真っ赤になって目立ちますが
寝ている時や、目がさめた直後ならあまり赤くないので目立ちません。
生後2週間までくらいはつるつると綺麗だったんですが
その後ひどくなって、生後5週間くらいがピークでした。
もうすぐ生後2ヶ月ですが、最近はずいぶん落ち着いているので
今後それほどひどくなることはなさそうです。

赤ちゃんにきびの手当てには薬など特に使いませんでした。
この子はかなりの乾燥肌なので顔はお風呂で水とガーゼでやさしく洗って
お風呂上りに敏感肌用のベビークリームをぬってます。
そうするとがさがさと荒れた感じのお肌がつるっとしてにきびも目立ちにくい。
赤ちゃんのにきびは出るのも急だけど治るのも早いです。

スポンサーリンク