興奮の夏、夜中のオムツ復活の夏

上の子ちゃんのことをぜんぜんブログに書いていませんでしたが
夏休みは・・・大変でした。
そもそも夏休みというものが理解できていなかった上の子ちゃん、
夏休みに入ってから1週間ほどは毎日「今日は幼稚園行く?」と聞いてました。(笑)

おじいちゃんおばあちゃんが遊びに来てくれたり、
遠くまで旅行に行ったり、泳いだり、お馬さんに乗ったり、
とびきり楽しい夏休みではあったみたいなんですが
環境の変化に敏感な子なので夜泣きをしたり、おねしょが復活したり
急にものすごく悪い言葉を連発するようになってしまったり、
興奮して家の中で暴れまわったり、かと思うと急に大人しくなってみたり。
親のわたしたちにとっても新しい経験の連続でした。

あまりにおねしょが頻繁になってしまったので、結局夜のオムツを復活。
せっかくオムツが完全に取れたと思ったんだけどなー。残念です。
1週間くらいがんばったんですけど毎日やられるのはさすがに大変。
でもオムツをするようになってからオネショはまた止まりました。

大変な夏ではあったけれど、成長したぶん上の子ちゃんの優しいところも
いろいろ見えるようになってきたのが嬉しい収穫です。
わたしが妊娠しているというのもしっかり理解していて、時にはいたわってくれるし
ベビーが生まれる日をとてもとても楽しみにしてくれています。
坂道や階段を登っているときに「ママは赤ちゃん重いから押してあげるね」とおしりを
押してくれたりするんですよ。
理解力や集中力も本人なりにかなり進歩して、ひとりで絵を書いたり
本をみたりする時間もすこし長くなってきました。

語りつくせぬいろんな苦労があった夏だったけど、
上の子ちゃんなりの成長がはっきり見えた夏でもありました。
たくさん遊んで真っ黒に日焼けした上の子ちゃん。
楽しかった夏の名残のオムツを外さなくちゃ、、、ね。

スポンサーリンク