赤ちゃんの鼻水取り器とベビーピンセット(鼻くそ取り用)

まだおっぱいとかミルクしか飲まない小さな赤ちゃんの鼻が詰まると親としてとーっても心配になります。本当にひどくておっぱいも飲めないくらいになると病院に行くそうですが、そこまでにならなくても苦しそうにしていると辛い。

上の子の時は鼻が詰まるたびにベビーケア用品で鼻水取り器(楽天)を買おうか何度も迷って結局買いませんでした。友達が使っていて、ものすごく泣き叫ぶ赤ちゃんを見ていたので。

その子によるのかもしれないけど、あれを見てしまうとかなり苦しそうだけどもうすこし様子を見てみよう、という気になりました。使ったことないのでわかりませんが、イメージ的に耳を痛くしてしまいそうで怖いというのもあります。

赤ちゃんの鼻水については病院で聞いたら、ミルクを飲んでいるかぎりは大丈夫。ミルクを飲んでいても1週間ひどい鼻づまりが続くようなら耳の中を見て中耳炎などになっていないか確認するので来てくださいと言われました。

鼻くそをとるのに使うベビーピンセット(楽天)も一時期とても欲しかったです。小さな鼻の穴中で固まった鼻くそが綿棒だと壁に張り付いてしまって取れない。でもお風呂に入れるとけっこう湯気でふやけて出てくるんです。それでも出てこない頑固な鼻くそは2歳くらいまでは綿棒で取ってました。

確か1歳半くらいになると鼻の穴も大きくなってきて、小さな頃よりは取りやすい。秋からさんざん風邪を引いたので鼻水も1歳後半には上手にかめるようになりました。

2歳2ヶ月のいまは大きな鼻くそが見えているのを取ろうとすると、「ママダメっ!それイヤ!」って怒られます。そして自分で取れると嬉しそうに見せに来てくれます。

たまに信じられないくらい大きいのを見せに来るので、本気で感心して「うわ、すごいね~」って言うとますます得意そう。

汚い話ですが本当に大きいんですよ。夫と写真を撮りたいね、とか捨てるのもったいくらいだね、とか言うくらい。笑 今日のもかなりな大きさでした。大人はそれまでに取ってしまうからか絶対にあんなの出せません。

産まれてすぐは綿棒の先で鼻の穴がいっぱいになるくらい小さかったのに・・・って巨大な鼻くそをもらって当時が懐かしくなりました。

スポンサーリンク