離乳食でイライラしないための心がけ5箇条

ひとりめの育児ではじめてすっごくイライラして赤ちゃんを叩いてしまいたい、という衝動に自分が恐ろしくなったのが離乳食。

市販のBFなんて何が入っているかわからないから、と面倒でもいろんな食材を自分で調理したのに、、、。子供は何を食べさせても、まず~、と口を開かない。

ひとりめの子の離乳食で悩むママのための、離乳食でイライラしないための心がけをまとめてみました。

離乳食は喜んで食べて当たり前、じゃない

食べないのに、丁寧に作って、やさしく食べさせようとして、食べてくれなくて落ち込む。そんなことを毎日やっていたのですからそりゃあイライラします。

結局わたしが食べさせたかっただけで、赤ちゃんの成長のために食べさせないといけない、と思い込んでいただけ。当の子供はまだ母乳だけを飲んでいたかったんだから仕方がありません。


食べてくれる子にはとても参考になると思うのですが、こういう本は食べない子を持つ親には役立たずの不愉快でしかありません。表紙の絵からしてムカつく。(やつあたりです)笑

イライラを逆撫でされるような情報はシャットアウト

抱っこしていないと泣く、寝ないというものなかなか辛いです。でも、離乳食をほとんど食べないので心配とか、イライラする、という子もけっこういるんじゃないでしょうか。

あまりにイライラして、赤ちゃんを叩きそうで怖い、という気持ちが分かってくれる方は沢山いると思います。(本当に叩いたら大変なので、クッションを叩くとかチョコレート食べまくるとか、自分にあった平和にストレス解決します)

世の中には丁寧に作った離乳食を完食してしまう子もいるらしく、それをキレイでかわいいブログに写真付きで日々更新している素敵ママの素敵ブログというのが存在します。

すげームカつく。

もちろん、ブロガーさんにもお子さんにも1点の非もありません。分かっています。それでもムカつく。すべて自分の問題ということは分かっています。でも見ちゃいけない。

とにかく心が荒むので、離乳食を食べなくてイライラしているときは、いくらお気に入りブログでも、気になっても、絶対に見ません。赤ちゃんは写真では100%かわいいし、素敵なので見たくなるのですが絶対にダメ。

こういう時は、むしろ心の支えとして自分より苦労している方のブログを見たいですが、「今日も手作りしたけど、食べなくてお椀を叩きつけたくなるのをぐっと抑えました。」「手作りした離乳食、ぐちゃぐちゃにされた上に最後は器ごと叩きつけられました。」なんて画像を添付して記事を書く人気ブロガーさんってあんまりいないです。(もしかしたら最近は探したらいるのかも)

離乳食をなかなか食べたがらない子は沢山いる

リアルではまわりでも9ヶ月くらいまでは離乳食をほとんど食べない子がけっこういます。ハイハイしたりしていると、そのうちミルクや母乳だけではお腹が空くので食べるようになります。

9~10ヵ月だと白米や茹でた野菜だって食べられるようになります。離乳食が必要な子もいるけれど、必要としていない子だっているみたい。

子育て本には生後半年を過ぎれば必ず離乳食を食べさせないといけないように書かれているのは、新米ママには非常に良くないなと思います。

あまりに食べることに興味がないなら、数日離乳食をお休みしてもいいわけです。7ヶ月とか、8ヶ月過ぎても母乳をたくさん飲んでいるなら、母乳でお腹いっぱいになってお腹が空いていないのかもしれないし。離乳食を食べさせたいなら、まず母乳を少し減らさないと食べてくれないでしょう。

イライラしないための心がけ

下の子ちゃんも始めてすぐの頃はよく食べたのですが、その後離乳食は食べたりまったく食べなかったりなので、以下のことを心がけるように自分に繰り返し言い聞かせています。

  1. 面倒なときはミルクorおっぱいでいい
  2. 無理して手作りせずに、市販のBFも使う
  3. 赤ちゃんが好きなものばかり連続で食べさせてもいい
  4. 元から食べてもらうことを期待せず、食べ残しを「勿体無い」と思うことをやめる
  5. 心配しなくてもそのうち絶対に食べるようになると信じる

特に4は大切で、子供が大きくなって1歳、2歳、と食事だけで栄養をとれるようになっても、同じことなんです。完食しないことでイライラしても何も良いことがありません。

食事のことでいちいち子供を叱ると、家族の雰囲気が悪くなります。幸せな人生のために、とても大切な要素、食べる楽しみも半減してしまう。食べられない物を出さない、食べられない量を与えない、と考えるようにしています。

という感じで、ふたりめからは、かなりいいかげんに、イライラほぼなしで離乳食続けてます。上の子に気を取られて注意がそれているだけという気もしますが、それが逆に普通、子育てってあまり丁寧にやりすぎると上手く行かないものだと思うようになりました。

毎食、作ったもの、食べたものを記録して、重さを量って、画像を取って、しかもそれをブログに載せて、なんてやること自体が尋常じゃない。ひとりめならまあ時間あるしね、と理解できますが、ふたりめ、さんにんめでそんなことをやっているお母さんがいたら、わたしは恐ろしいです。

スポンサーリンク