鼻の真ん中に茶色の筋がある赤ちゃん

知り合いにふたりめの赤ちゃんが誕生して、しばらくぶりに新生児、生後2週間の赤ちゃんを近くに見る機会がありました。まだ小さいと思っているうちの末っ子が大きな子供に見えてしまうくらい赤ちゃんらしくてふんにゃりやわらかそうでかわいくてたまりませんでした。(末っ子ちゃんもかわいくてたまらないんですけどね。)

その赤ちゃんの鼻の真ん中、鼻の頭から鼻の穴の間に真下に向かってうっすらと茶色の筋がついているのを見て、なんだか嬉しくなってしまいました。

赤ちゃんの鼻の中心にある茶色い筋

というのも、末っ子ちゃんにも同じような茶色の線が鼻の真ん中にあるからです。線といってもそれほどはっきりしたものでもなくて、かといって見えないわけでもない。透けた血管程度の濃さというとわかるでしょうか。赤ちゃんの鼻にそんな線があるのを見たのは初めてだったので、出産直後にこれなんだろう、となんとなく気になっていました。

赤ちゃんの鼻の真ん中に茶色の筋

あまりはっきり鼻の中心の筋が写った写真がないのですが、こんな感じ。実際に見ると、もう少し濃くはっきりと見えていました。妊婦のお腹に出る正中線に似ています。

その末っ子ちゃんに会いに病院まで遊びに来てくれた友人が、生まれてすぐの末っ子を抱いてすぐに、まあ、この子も鼻に筋があるのね。うちの娘の小さい頃と同じ!とすごく愛おしそうに言ってくれて、ああ、鼻に筋にある赤ちゃんって他にもいるんだ、って思いました。

その場に一緒についてきていたその子の鼻を見せてくれましたが、まったく同じ場所、鼻のいちばん高いところのすぐ下からまっすぐに薄くて細い茶色の線が見えました。

他の子に見つけるとなぜか嬉しい

いまはうちの子の鼻に線をみつけて喜んだその友人の気持ちがすごく分かります。末っ子と同じように鼻に茶色の筋が見える赤ちゃんを見ると、わたしもなぜか格別に愛おしい。

鼻の線は成長していくと薄くなるみたい、とその友人は言っていました。末っ子ちゃんはまだ生後10ヶ月だけど、それでも生まれてすぐの頃より鼻の筋はすこし薄くなったような気がします。

どの子にもあるものではないので、わたしは特別なチャームポイントみたいな感じでこの鼻の線がとても好きです。

茶色い鼻の線はいつ消える?(追記)

赤ちゃんのときにあった鼻の線、そういえば、と思い出して見てみたらすっかり消えていました。いつの間に消えたんでしょう。もうすぐ5歳なので、3歳か4歳頃にすっかり消えて、知らない間に見えなくなってきました。

上に書いたお子さんは、確か6歳ぐらいになっても鼻の線が残っていたんです。個人差があるのかもしれません。

知らない間の出来事だったので、線が正確にいつ消えた、ということは言えませんが、きれいさっぱり消えてなくなりました。最初の子供ではないということも関係あるかもしれませんが、2歳もすぎたら鼻の線のことなんてすっかり忘れていたような気がします。

寝ている赤ちゃんなら鼻の下の筋も見えるけど、動き回っていると普通にしていてもなかなか見えないですしね。

スポンサーリンク