子供の名前の呼び間違えで落ち込む人

オットが最近子供の名前をかなり頻繁に呼び間違えるようになってしまいました。以前は滅多になかったのに、最近は呼ぶたびに間違えているんじゃないかとおもうほど頻繁。確かにふたりの名前は少し似ているとは言えなくもないけど、似ていないといえば似ていない。なのにほぼ呼ぶたびに反対に呼んでいる気がします。

間違えているなーと思いながらもわたしはつっこまないけど、そういうのが嫌いな上の子が毎回速攻でつっこむ。3人とも間違えるのではなくて、2人が特にひどいです。わたしも一時期よく名前を呼び間違えていましたが、最近は滅多に間違えません。別に似ているとも思っていないのに、なぜかオットと息子の名前を呼び間違えたりもしていました。後から考えるとその時期は忙しくて疲れていたかなと思います。

名前の呼び間違えイメージ

真面目なオットはあまりに頻繁に名前を呼び間違えるので少々落ち込み気味。子供たちはまったく気にしていないのですが、本人が呼び間違えることにうんざりしています。そこに容赦ない上の子のつっこみ。この子は間違いを放置できないだけで、呼び間違い自体を気にしている様子ではありません。でも間違いは正さないと気がすまないというやっかいな5歳児。

呼び間違いに何か心理的な要素が含まれている可能性もないことはないですけど、自分が一時期頻繁に呼び間違いをやっていた時期はいろんな違う種類のことを平行してやっていた時期だったので、単純に頭の回転が容量オーバーしていたと思います。オットもいま忙しい時期なのでそんな感じじゃないかと思います。

わたしも父親によく名前を呼び間違えられていましたし、家族で大事にしていたペットの名前と間違われたこともあります。昔の奥さんとか、恋人とか、愛人とか、義理の娘・息子とか、家族事情によっては呼び間違えが不愉快な感情を生んでしまうことがあるかもしれません。

そういう事情の家族なら時に気をつけないといけないかもしれませんが、自分の実の子供ふたりの名前を毎回呼び間違えるからといってそんなに気にすることはないと思うんですよね。でも真面目な性格なオットなので自分が許せないらしいです。せめて上の子が毎回突っ込むのを止めてあげたいのですが、こちらもこちらでこだわりの固まり。徹底したところがあるのでどうしようもない感じ。

気にすれば気にするほどまた間違える。どうでもいい間違いなのに最近はオットの空気が凍る感じがして笑えるような気の毒なような。仕事を手伝ってあげるわけにもいかないし。。。もう勘弁してほしい。年末年始で少し休めばまた治るかもしれないので、早くゆっくりしてもらいたいです。とにかく今はドツボにはまってしまったみたいで、呼ぶと必ず間違えて自分で凍ってます。

スポンサーリンク