おむつかぶれに良く効くお薬-ステロイドなし

うちの子供たちはさんにんともあまり肌がじょうぶなタイプではありません。赤ちゃんや小さな子供は頻繁におむつを替えていても肌の弱い子は食べた物によってはすぐにおしりがかぶれて赤くなってしまいます。

オムツかぶれといっても色々

かぶれといっても赤く小さなぶつぶつになってその赤くなったところから血が出ることもあります。ニキビみたいに大き目にぽつぽつと発疹ができて、そこが真っ赤に痛そうになるときもあります。日焼けみたいにただ真っ赤になってヒリヒリ痛そうという時もあって、いろんなバリエーションがあるみたいです。

下痢のときはトイレの子もすぐにかぶれる

下痢の便は特に刺激が強くて、うんちが出た直後でもおしりが赤く腫れてしまうことも。上の子は3歳半でおむつをしなくなってからも、トイレでのゆるゆるうんちの後におしりが痛いからお薬塗ってと自分から言うことも多いです。真ん中の子も2歳以降は自分からおしりが痛いからクリームを塗ってといいます。

ちっとも直らないおむつかぶれがすぐに直った

そんなときはわが家がお世話になっているのはいつも亜鉛華軟膏。上の子ちゃんがまだ新生児の頃、ヴェレダのカレンデュラのおむつかぶれ用クリームを毎日何度も塗って、おむつ替えの度に毎回おしりを洗ってお湯で拭いて、ドライヤーで乾かして。。。とやってもぜんぜん治らなかったおむつかぶれ。

それが友達に教えてもらった亜鉛華軟膏で2日でうそみたいにきれいに治ったんです。肌の表面に膜をつくって傷を保護して治し、おむつの中でうんちやおしっこが広がったときに傷に直接当たらなくなるようです。塗った次のおむつかえから良くなっていくのがわかるくらいの効果。感動でした。

亜鉛華軟膏

亜鉛華軟膏はお医者さんに行くと処方してもらえるのですが、おむつかぶれで医者にいくのも大変です。しかも知らないお医者さんはおむつかぶれでステロイド入りの薬を処方する人お医者さんもいるとか。2、3日でよくなるからと言いますがステロイドが入っていない亜鉛華軟膏でもおむつかぶれは2、3日でよくなります。

アトピーっぽい子もいてひどいときは弱めのステロイドの塗り薬も使うことがあるので、ステロイドだから無条件に使わないほうがいい、とは思っていませんがおむつかぶれにステロイドというのはわたしは抵抗があります。だって亜鉛華軟膏がとてもよく効きますから。

  
いちばん右の製品のように、ベビーのおむつかぶれ専用として売られているものもあります。

おむつかぶれだけでなく、あせもや靴擦れなど他の傷にも使えるので赤ちゃんや小さなお子さんのいる家庭に常備薬としてとてもおすすめです。

●楽天でおむつかぶれ用軟膏を探す
●楽天で亜鉛華軟膏を探す

スポンサーリンク