ふたりめにしてようやく”魔法のおっぱい”を手に入れた気がします

母乳育児をやっていて、ネットを使う人ならきっと見た事があるはず、
魔法のおっぱいというサイト。
ひとりめの時は妊娠中からいろいろ読ませていただいて、
産後もとてもお世話になったサイトです。
おっぱいトラブルの時などは泣きそうになりながら読みました。

 
こちらも2011年出版のネット発の母乳育児サポート本。
ひとりめのときにあれば良かったのに!

ふたりめの子を産んでから4ヶ月半がすぎ、いままで
何度かおっぱいが詰まってあぶない、と思ったこともあったけど
ひどい乳腺炎まで至ることはなく
今回は上手に自分のおっぱいと付き合えていると思います。

最近は赤ちゃんとおっぱいがうまくシンクロしていて、
母乳育児を通して赤ちゃんとつながっている、って感じます。
ひとりめの子も母乳オンリーでしたがこういう感覚はありませんでした。
幸せそうに母乳を飲ませる写真ってウソ
って思ってましたから。笑

前回の母乳ライフをキーワードにすると
痛み、意地、疲労、義務感、根性
総合的に「こんなの聞いてないよ~」な感じ、ってわかるでしょうか。

赤ちゃんがお腹を空かせて乳首を含ませると、小さな手で
わたしのおっぱいや洋服にしがみつきます。
必至で数秒間、一生懸命吸っているとじーんとおっぱいが湧いてくるのがわかる。
ああ、これが魔法のおっぱいというやつなんだなあ
ってはじめて思いました。

スポンサーリンク