妊娠後期でりんご病?、、、じつは妊娠中期にも接触アリ

オットが上の子をお風呂に入れたあと、元気にはしゃぎまわっている2歳児を追い掛け回してオムツをつけたりパジャマを着せたりしているときに気が付いた。ほっぺがどんどん真っ赤になっていく。

そういえばここ1週間くらい理由もなく機嫌が悪かった気がする。夜中に泣いて起きることがよくあった。お昼寝の時も急に目を覚ましてほっぺが痛いと泣いた。(まだ「痒い」も「気持ち悪い」も「冷たい」も「辛い」もぜんぶ「痛い」)

・・・まさか妊婦に危ないといわれるりんご病?

りんご病のいやなところは、ほっぺたが赤くなった頃にはもう感染しないこと。つまり病気であることがわからない時期に感染する。ほっぺが赤くなる前の2週間くらいが感染力があるらしい。

なんで知っているかというと、妊娠中期にも友達のママがあわてて電話をかけてきて、「うちの子りんご病だったの!」って言われてちょっと調べたからなんです。親に聞いてみてもわたしは子供の頃たぶんかかっていない、というし、ちょっと焦ったけど特に症状もでなかったし、妊婦検診のときに先生に相談したけど、「自分は症状が出ていないんでしょう?とりあえず気にしなくていいですよどこにでもあるような病気ですし。」って言われたんです。

妊娠後期の今はもうあまり気にならないけれど、初期や中期の妊婦さんが感染すると、けっこう怖いことがたくさん書いてあるのでびびってしまいます。ひとりめの妊娠ならともかく、ふたりめだと自然と子供との接触も増えるし。りんご病だから一体どうしろと言うんでしょうか、っていう感じですね。

りんご病は嫌だけど、とりあえずうちの子がうつしてしまいそうなほど接触した妊婦はわたしひとりなので不幸中の幸いです。よだれまみれのキスとか、お昼寝で添い寝とか、残り物を食べたりとか、移らないほうが不思議。なので母が知らないだけで子供の頃に感染していたのかも、と思います。あいかわらず今日も眠いけど、特に病気ぽい感じもないので気にせずにこのままいきたいです。

妊婦さんがりんご病を予防しようと思ったら、風邪っぽい人になるべく近づかない、手洗いとうがいを徹底することだそうです。・・・本当に妊婦にはいやな病気ですね。

スポンサーリンク