紙オムツはLサイズを卒業したら”ビッグサイズ”

3歳と1歳の子を連れて最近ヨーロッパから帰国した友達が

「日本の紙オムツってどうしてこんなに小さいの!?
ねねこちゃんとこまだオムツでしょう?何使ってる?」

と聞いてきました。
確かにヨーロッパは体重20キロとか30キロとかそれ以上でも
テープ式の紙オムツが普通にスーパーやドラッグストアに売られていました。
日本はパンツ式が主流だし、体重20キロになる前に普通はおむつ
取れちゃいますからお店で探しても滅多にありませんね。

ネットではそんな大きなサイズのテープ式紙オムツも買えるんですよ。

 
紙オムツのLサイズの次はビッグサイズ、そのまた次はスーパービッグ。

彼女曰く、日本のパンパースとヨーロッパのパンパースは違うそうです。
ヨーロッパのほうが質がいい!のだとか。
日本だとパンパース以外のメーカーのほうが好きだそうです。
機会があったらぜひ自分でも比べてみたいと思います。

スポンサーリンク