4歳と1歳の子の新しい家族、赤ちゃんへの反応

3番目の赤ちゃんが生まれて家に戻ったときの上2人の子供達の反応はとてもかわいかったです。上の子はお腹に赤ちゃんがいるというのがしっかりわかっていたし、下の子もなんとなくわかっていて、お腹の中にいるときからふたりとも気が向いたらお腹(赤ちゃん)を撫でてくれていました。

小さな赤ちゃんを連れて帰ると、ふたりとも大喜び。いきなり抱っこしたがりましたがちょうどベビーシートで寝ていたし、まだふにゃ~としていたので「もうちょっと大きくなったらね」と丁重にお断りしました。

新生児の手

その後、授乳していたり、おむつを替えていたりして「ママー!」と呼んでいてもすぐに手伝ってあげられないことも多いのですが、4歳児も1歳児(もうすぐ2歳)も赤ちゃんに嫉妬している様子はありません。危ないときや、うんちのときは赤ちゃんが泣いていてもベビーベッドなど安全な場所に寝かせて上の子の世話を優先しているからかもしれません。

わたしひとりで3人の子守をしないといけない時間でも、わたしが疲れて横になりたい時は赤ちゃんと寝室で横になります。そのために、「ママはお腹から赤ちゃんが出てきたばかりだから、まだお腹が痛いしすごく疲れてるの。」と子供達に言ってあります。最初の頃は寝室によく来ていたけど、何度も注意していると最近はよほどのことでないと来なくなりました。

赤ちゃんはまだ寝ている時間が多いので今後動くようになってきたらどうなるのかわかりませんが、上の子ふたりは嫉妬するでもなく、いつも通り自分たちが好きなように遊んでいて、かといって無視するでもなく赤ちゃんが泣いていたら教えてくれたり、気が向いたら撫でたり抱きたがったり。3人きょうだいになったことを自然に受け止めてくれている様子でオットもわたしも嬉しく思っています。

ただふたりともまだ幼くて、床に寝かせたらその横ではしゃいで跳ね回ったりするし、ソファーでパパが赤ちゃんを抱いていてもパパによじ登ろうとしたりして怒られたり、新生児に怪我をさせないように気をつけてあげないといけないです。赤ちゃんが泣いていると下の子ちゃんが自分のおっぱいをあげようと洋服をめくるのもかわいいです。これは以前に上の子もやっていました。赤ちゃんのお人形やぬいぐりみにも服をめくって授乳のおままごとをやっています。

スポンサーリンク