ベビーキャリアはエルゴベビーとマンジュカの評価が◎

わが家は車も使いますが電車に乗ることが結構多いので、
ひとりめの出産前にオットと抱っこ紐やおんぶ紐などベビーキャリア系を
何か用意しておきたいね、ということになりました。

はじめは何の知識も無かったのでぶらっとのぞいたベビー用品のお店で
ベビービョルンを見て「これでいいかな」なんて話していたんです。
でもたまたますぐ近くにいた小さな子連れのパパに止められました。
「これはやめたほうがいいですよ」と。
当時はちょっとびっくりしたけど今ならその気持ちとっても分かります。
ベビーキャリアって物によって使い心地がホントに違う物なんです。
赤ちゃんの股関節にも赤ちゃんの視界がいい前向き抱っこよりも、
ママと赤ちゃんが向かい合わせで、お腹をくっつけて赤ちゃんが足を
大きく開くタイプがいいと言われています。

まわりのいろいろ話も聞いて総合すると、
ベビーキャリアはエルゴベビーマンジュカ(Manduca)とが良いみたいで評価高いです。
別の抱っこ紐から最終的にエルゴベビー&マンジュカにたどり着いた人が多い!
他には少数派ですがベコベビーキャリアも評判いいです。

  
エルゴベビー

  
マンジュカ

 
ベコベビーキャリア

わたしは当時、無難にエルゴベビーに決めました。
かなり頻繁に使いましたが、ひとりめの子に使い終わってもまだきれい。
(色はグレーやベージュが汚れが目立たなくておススメです。)
とても丈夫なのでふたりめにも問題なく使えそうです。
エルゴベビーもマンジュカ(マンドゥカ?)もベコベビーキャリアもいいところはなんといっても
厚くてしっかりとした肩と腰のサポートです。
見た目がごついしデザインも嫌、なんて言ってても実際に赤ちゃん入れて
出かけてみたらすぐにこのごつさが素敵♡って思えるはず。

赤ちゃんって最初こそ3キロくらいだけど、すぐに6キロ、8キロ、
大きな子なら半年で10キロまで育ちます。
ひとり目は特に鍛えられていないので生まれてすぐの新生児でも
抱いて出かけるとなるととにかく重く感じます。
それでなくても酷使されている肩や腰にもうずど~んとくる。

身長が150センチ台前半とか小柄で細い人はエルゴもマンジュカも大きめなので
できれば店頭で試着してみたほうがいいと思います。
最近は国産でも似たようなタイプが出てきています。
良いベビーキャリアのポイントはアウトドアリュックサックのように腰と肩の部分が
厚くて幅広でしっかりしている
こと。
あくまでも10キロを入れて歩き回るというのをお忘れなく!
ちょっと買い物に出ても2時間なんてすぐですよ。

他の製品も含めてベビーキャリア選びで迷っている方はAllAboutのサイト
いろんな製品の比較があって便利です。

スポンサーリンク