妊娠中に体が痒い-妊娠性痒疹-

2度目の妊娠のときに悩まされた妊娠中の皮膚のかゆみが今回3度目の妊娠中さらにひどいみたいです。夏だし、最初は蚊に刺されたのかと思っていたのですがそれにしてもお腹や太ももなど蚊に刺されそうにないところに蚊にさされたような発疹が出るのでおかしいなとは思っていました。どうやら妊娠性痒疹というものみたいです。

全身が虫刺されみたいになって痒い

蚊にさされたみたいなものが全身にぽつぽつ出ておかしいと思ってはいましたが、それが昨日から急に増えて体全体で100箇所以上はあるでしょうか。これは絶対に蚊じゃない、と思いました。

そのひとつひとつが蚊にさされたように赤く膨らんでとても痒いのです。全体が痒いけど、足の裏のものが特に痒い!今日は頭の中にも広がっているようです。

痒いときの薬を使わない対処法

ここ2、3日は夜中にかゆくて目が覚めてしまうくらいひどいので病院で塗り薬を処方してもらおうと思います。手足のかゆみは冷たい水に浸すとマシになるので水を張ったバケツで冷やします。氷だとつめたくて長時間冷やせないので水のほうがゆっくり長く冷やせて楽です。手足を水で冷やすと体温も下がるせいか、冷やしていない部分の痒みも楽になります。

掻くと増えるようなので寝ている間に掻いてしまわないようにつめを短く切って長袖長ズボン。出産までまだだいぶあるのにこんなにかゆみがひどくなってしまってかなりブルーです。

根本的な解決にはならないのですが、知識としてはお医者さんが書かれた妊娠性痒疹が参考になります。

幸い長引かずに治りました(追記)

この時の痒い発疹は幸い長引きませんでした。この記事を書いたころがピークで、その後はこの時みたいに体全体に100個規模で出ることはありませんでした。とにかく掻かないようにしたのがよかったのかもしれません。

妊娠性痒疹ではなくその後は蕁麻疹

関係があるかどうかわかりませんが、この3人目の時の妊娠中と授乳中はとにかく皮膚のトラブルで痒くなることが多かったです。妊娠性痒疹はその後沢山出ることはなかったんですが、その後は蕁麻疹がけっこう頻繁に出ました。さわらなければ広がらず、翌日には消えていることがほとんどでしたが、ひどい時期には毎晩出ていました。

一度は蕁麻疹が全身に広がってかゆみでどうにもならず、あまりにひどくて病院で処方してもらって薬を飲みました。それ以外はなんとか薬を使わずに、蕁麻疹の時は足を冷水で冷やすなどして乗り切ることができました。痒くて眠れないのでソファーで横になって足を水につけて眠る日々でした。

とにかく痒みとの戦いだった3人目の妊娠

2人目のときも最初の妊娠中と違って痒くなることが多かったのですが、それでもまだがまんできるレベルでした。でも3人目は妊娠中期頃から出産まで、出産してからの授乳中は様々な皮膚の痒みに悩まされました。産後約2年たった今はひとつ虫刺されがいつまでも痒くなる箇所がありますが、それ以外は蕁麻疹なども出ず、ほぼ以前の体質に戻ったと思います。

多形妊娠疹(PUPPP)になった友人

わたしがなったのは経産婦に出やすいといわれる妊娠性痒疹だと思われますが、友人ははじめての妊娠で後期に多形妊娠疹(PUPPP)が出て痒くてとても辛いと嘆いていました。塗り薬でしのいだらしいですが、あの痒さを思うとふたりめの妊娠を考えてしまう、と言っています。知人で他にもふたりめはもう嫌だという人のなかにはつわりが酷くて入院するほどだった、という人が多いです。

スポンサーリンク