蚊アレルギー?-蚊に刺されて蜂刺されのように腫れる

産前産後は蚊に刺されたときにやたらと痒くて困っているわたしですが、今年の夏は蚊に刺されたところもそれほどひどく腫れることもなく、とりあえず蚊に刺されるのもそれほど怖くなくなった、と思っていました。なのに9月に入って一箇所だけ蚊に刺されたところが思い切り腫れていまだかつてないくらい大変なことになってしまいました。

刺されたのは足の親指の外側。最初の数日は普通にかゆくて、かゆくなったときにクリームを塗っていたくらいでした。でも場所が歩くとちょうどすれてしまうところだったのが災いして、ある日外出して沢山歩いた後、夜に赤く腫れてすごく痒くなってしまったんです。その後は外出も最小限に抑えてなんとか刺されたところがすれないようにと気をつけていたのに、日に日にひどくなって、刺されて1週間後くらいには足の甲まで赤みと腫れが広がりました。その翌日には膝の裏側と太もも近くまで痒みが上ってきてしまいました。刺された場所は真っ赤に腫れて、親指の太さも1.5倍くらいになってしまいました。まるで蜂さされのように夜中も痒くてズキズキ痛くて眠れないので、冷やしながら朝までうつらうつら眠るというのが3日続きました。

刺されたところは化膿してしまったらしく、周りが直径5ミリくらい白くなってしまったので針で刺して中の膿を出しました。皮が破れて傷口が開いてしまったので、ワセリンとラップで覆って靴で摺れないようにバンドエイドで保護しました。その後徐々に回復したけど足の甲の痒みは寝る前や食後など体温が上がるときに現れました。

今はもうなおったんですけど、刺されてから1週間ほどで腫れて完全に治るまで約2週間、蚊に刺されてこんなにひどいことになったのは生まれてはじめてです。腫れてからは普段使わないベープ、蚊取り線香、つるすタイプの虫除け、虫除けジェル、長袖長ズボン、ハーブスプレーとありとあらゆる防御をして、公園遊びも控えて刺されない努力をしています。

蜂と違ってこんなにどこにでも大量にいる蚊でこんなに腫れたのでは大変。いちばんひどい時は倦怠感と食欲不振、軽いめまいもありました。元々アレルギー体質ではありますが、蚊でこれほど強くアレルギー症状が出るのは困ります。腫れた箇所はもう治ってしまったけど病院に行ったほうがいいのか考え中。仮にアレルギーと分かったところで多分どうしようもないですよね。蚊にも減感作療法あるんでしょうか。

今回ここまで蚊刺されが重症化したのは靴で摺れてひどく搔き壊したのと同じ状態になってしまったというせいもあるかもしれません。たかが蚊だったので最初はオットにも理解してもらえませんでしたが、あまりにひどく腫れているのを見て事の重大さがわかったらしく、その後はすこし早めに帰ってきてくれたりいつもより家事を手伝ってくれたりもしました。わたしとしては会社を休んで家にいてもらいたいくらい辛かったです。痒くて辛い時に外出できなくて退屈している子供たちと家で過ごす時間が悪夢のようでした。今は治ってうれしいけれど、蚊に刺されるのがとてもとても怖くなってしまいました。

スポンサーリンク