だいじょうぶ、わかるひとにはわかるから。

友達で上の子ちゃんとよく似たタイプの
2歳の女の子のママがこぼしていました。

「甘やかしてるって言われるけど何言ってもダメなんだ・・・」
「しつけようと思っても頑固で無理なの。」

お兄さん一家が子供ふたりを連れて遊びに来てくれたんだけど
ぜんぜん理解してもらえなかったそうです。

わかる、すっごいわかるよ!

子供を持たない人にはもちろんわかってもらえないけれど、
大人しい子を持った親たちには更にわかってもらえない。
そこで腐ってみてもどうしようもない。
ひとりめが大人しくて育てやすい子でもふたりめが大変で
「自分は母親が天職だと思ってたけど楽な子だったからだわ~」って
言うママも友達にふたりいます。

難しい子って本当にいるんです。

分かってくれない人には絶対に分かってもらえない。
甘やかしてるとか、しつけがなってないとか、子供が可哀想とか
事情も苦労も知らないでツベコベ言われちゃったりもします。
親が、親だけが悪いって決め付けてかかる人っているんです。

でも分かってくれる人にはすっごく分かってもらえる。
子育てって何かにつけてそうだと思う今日この頃。
だからリアルでは他人の子育てには聞かれても無難なことしか言いません。

比べても悲しくなるだけだから、悲惨な時期でも
いいところを見つけるように、ポジティブに考えれば
それなりに楽しく子育てできる。
モチロンいつもそう考えるのは難しいけれど。
そうしよう、そうしたい、と常々思うのです。
(お察しの通りまたテンパってます。)

  

スポンサーリンク