Stokke Tripp Trappベビーセットの使用期間と使い方

わが家は食事はダイニングテーブルなので子供3人に3脚のStokkeのTripp Trappがあります。値段は高いけど、毎回食事のたびに使うものだから、買ってよかったと思える大満足のハイチェア。

それぞれ生後半年頃の離乳食時期から使い始め、この先まだ何年も使えると思うとおつりがきます。我が家の場合、トリップトラップ本体は3脚だけど、2歳以上年齢が離れているのでベビーセットはひとりめの時に使ったものひとつだけでだいじょうぶでした。

ベビーセットは椅子の製造年によって取り付けられるものと、取り付けられないものがあります。これから新品で買い揃えるならよいのですが、椅子本体を中古やお下がりで入手する場合には注意が必要です。(詳細は本文をお読みください。)

公式の説明

こちらストッケ公式の説明なんですけど、

6-9ヶ月頃には赤ちゃんは一人でお座りできるようになります。トリップ トラップ ベビーセットは、高い背もたれとガードで赤ちゃんをしっかりと支えます。安全性を高めるために、立ち上がり防止のハーネス(別売)を合わせてお使いいただくことをおすすめします。

って書いてあるだけで、使用期間ははっきり書かれていません。
参照: https://www.stokke.com/JPN/

ベビーセットが必要な時期

1歳3ヶ月ごろになるとベビーセットがなくても座るだけなら一応座れるけど、高いのでまだ危ないです。理屈としてはおすわりがしっかりできればハイチェアにも座れるわけですが、だからといって落ちないかというとそんなことはありません。

もっと大きくなっても椅子の上でふざけていて落ちたりするぐらい。大人と同じテーブルに座るので、豆いすなどと違ってかなりな高さになります。だからある程度大きくなるまではベビーセットが必要です。

ベビーセットを使ってトリップトラップに座れる時期は、ひとりでお座りができるぐらい腰がしっかりしてから。個人差がありますが早い子で生後半年、のんびりさんなら生後10ヶ月ぐらいかもしれません。

うちの子供たちの場合、ベビーセットの使用期間は3人とも生後半年~1歳半の約1年間でした。体の小さな子で大人しく座ってくれる子なら2歳ぐらいまで使えるかもしれませんけど、うちは3人3様に諸事情あって1歳半が限界でしたね。

体の小さい友人の子のなかには、3歳でもまだ使っている子がいます。身長は85センチぐらい。

ベビーセット購入を迷う時期

1歳4ヶ月を過ぎてからTRIPP TRAPPハイチェア本体を買うならわたしならベビーセットは買いません。しっかり座れる子ならもしかしたら落ちずに座って食事ができるかもしれません。でも1歳半くらいになると安定して座れるようになってくる子が増えてきます。だからトリップトラップ自体の購入を1歳半くらいまで待つのがよいかなと思います。

ベビーセットがまだ必要な時期と、もう必要がない時期というのは見極めが難しいのですが、うちの子の場合は1歳半頃に自分でよじ登ってベビーセットに座ろうとするので危なくて外す、という感じでした。まだ小さいので落ちる事もありましたが、幸い大きな怪我はありませんでした。体格的には2歳ごろまではベビーセットが使えたのかな、という感じでしたが目を離すとすぐに上ってしまうのでベビーセットを付けたままにしておくほうが危ないと思ったからです。

1歳前半でも、ふたりめ計画があるなら本体をベビーセットと一緒に買っても損はしません。家族がテーブルについて食事をしていたら、ふたりめの赤ちゃんも一緒にテーブルに座らせてあげたほうが喜びます。

 

Tripp Trappベビーセットの使用期間は赤ちゃんの発達によっても違ってくるとは思いますが、自分でお座りができる頃が使い始めの目安で、だいたい生後半年~10ヶ月以降。うちの子の場合は生後1歳半まで使いました。

生後6ヶ月くらいで離乳食を食べるようになったらすぐに使い始めるとベビーセットをいちばん長く使えます。1歳半をすぎるころには体格によってベビーセットがきつくなってきます。自分でよじ登って座ろうとしたりする子も出てきますから、わたしはそうなるとベビーセットをつけていたほうがかえって危ないので外します。

旧タイプと現行タイプで異なるシステム

TRIPP TRAPPは昔から変らないデザインに見えますが、細かい部分で少し変わっています。旧タイプのベビーガードはイス本体の生産時期によって取り付けられるものと取り付けられないものがあります。

新しいタイプには座面の左右に旧ベビーガード用の穴がありません。昔のタイプは木製の弓形パーツを取り付けて真ん中から皮のベルトが座面部分とつながっています。

旧タイプのベビーガードのほうが座る部分が広いのですが、中で子供がよじれて動けなくなって泣いていたことがあるのでそれで改良されたのが新タイプなのでしょう。

2010年に上の子ちゃんにいただいたTRIPP TRAPPにはこの弓形のパーツを取り付ける穴があるけどプラスチック製の新しいタイプのベビーセットが取り付けられます。2012年に下の子ちゃんに買ったのは穴がないので新タイプのベビーセットしか取り付けられません。年の離れたきょうだいにベビーセットを付けて使いたい場合や、オークションでの購入、お古を譲っていただく場合などでは注意が必要です。

専用クッションは必要か

ベビーセットとあわせてストッケからは専用のクッションが発売されています。本体の色、ベビーセット、クッションと好みの色やデザインの組み合わせを選ぶのは楽しいですね。

でもクッションはうちは必要なかったかなと思います。あればあったでふわっとしてすわり心地はよさそうですが、離乳食の時期に使うとものすごく汚れたのです。子供によって汚さない子もいるとは思いますが、うちは上の子と末っ子が汚すタイプでした。上の子は食べこぼしがとにかくひどかった。末っ子は体をよじって背もたれ部分のクッションを汚れた手で触ったり、汚れた口で舐めたりするので頻繁に洗濯しても2日もすればシミだらけ。

クッションがなければ濡れたふきんでさっと拭けば綺麗になります。結局クッションはあまり使わなかったんです。夢がないようですがうちの場合はこれが現実でした。

STOKKEトリップ・トラップの足のせ板

ストッケのトリップ・トラップチェアはどの大きさの子供でも足がしっかりつくように板の位置を調整できる、というのがウリのひとつ。説明書にも子供の足が自然につく位置に足のせ板の高さを調整するように書かれています。

上の子のときには正直に説明書のいう正しい位置に足のせ板を調整していました。でも2人目以降はベビーセットを使っている間は足のせ板を下のほうに取り付けてあえて足がつかないようにしています。なぜかというと上の子ちゃんがベビーセットをつけている頃から立とうとして大変だったから。

下の子ちゃんはもともとあまり動かないタイプの子なのですが、それでもベビーセットを使っている間は足が板に届かないほうが抜け出しにくいかなと思って、足のせ板はあえて下のほうに取り付けてあります。そのせいか、元々の性格かわかりませんが机に這い出してしまったことはナシ。上の子のときにこれを試してみればよかったです。

3人めの子にもベビーセット(2016.01.28追記)

プラスチックでできているトリップトラップのベビーセットは慣れると簡単に外したり取り付けたりすることができるので、自分の子が使ってないときも、小さなお子さん連れの来客があったときにさっと取り付けることができて便利です。(座面がいちばん上でないとベビーセットは取り付けられないのですが。。)

自分の子に要らなくなっても便利

うちの子供たちはもう全員ベビーセットが必要な時期は過ぎました。もうすぐ2歳の末っ子もひとりで座ったり降りたりできます。座って前にいすを引くのはまだできませんが、3歳の真ん中ちゃんはそれも自分でできるようになりました。

ベビーセットはだれかにあげるか売ってしまおうかと思いましたが、時々まだ赤ちゃんを連れた親戚や友人が遊びにくることがあるので、結局そのまま物置にしまってあります。うちの子が使わなくなってからも2回ほど使いました。

上の子はもう大人と同じ椅子に座る事もできますが、食べこぼしが多いので、普段はまだトリップトラップに座らせています。(掃除が楽だから)赤ちゃんが遊びに来ると上の子の椅子にベビーセットを取り付けます。

椅子の座面や足おき台の位置もなおさないといけないので少し面倒ではありませんが、組み立てにはもう慣れているので簡単です。お客様と一緒にお茶や食事をするときに、赤ちゃんも一緒に座ってもらえるとみんなリラックスできます。

ひとりめ、ふたりめ、貸していた子、そしてうちの3人目と今では時々お客さん用としてベビーガードは大活躍。4人の子がほぼ毎日つかってきたトリップトラップのベビーセット。座面に差し込む部分のプラスティックの色が白っぽく変色しているので強度は大丈夫なのかな?と少し心配でしたが、実際に取り付けて揺らしたり加重をかけてみてもまだ問題はないようです。

TRIPP TRAPPに関する日記

まさかの”TRIPP TRAPP”から脱走 2010.12.23

うちはテーブルで食事をするのでTRIPP TRAPPを買いました。かなり高いけど毎日必ず使うものだから決めちゃいました。似たようなイスは沢山あるけれど、やはりデザインが洗練されていて素敵です。

よく目に入る物なのでお気に入りが買えてよかったです。いまでもですが、最初の頃は特に見るたびに嬉しかったです。
最初はベビーセットと本体のみだったんですが、実際に使うようになってハーネスも取り付けました。いろいろ足の台になるほうの板の高さを変えてみても、イスの上でぴょこぴょこ立ってしまうんです。ハーネスは結局生後9ヶ月ごろからめんどうくさいし、腰や背中がしっかりしてきたので使わなくなっていました。

でも生後10ヶ月も終わりに近づいてきた頃とうとうTRIPP TRAPPから机の上に這い出してしまいました。一応すぐに気が付いて抱きあげたんですけど、びっくりです。

もうちょっとでテーブルの上の大人用の食事に突っ込むところでした。細身でベビーセットをつけてもすきまがあるので、片方の足の膝を抜いて立ち上がってしまうみたい。危ないのでまたハーネス付きに逆戻りです。。。

【1歳3ヶ月】ベビーセット付きのTRIPP TRAPPでキャー! 2013.8.25

いまだに歩かない下の子ちゃんですが、ここ2、3日でよじのぼりブーム到来。バギーでも勝手に乗って背面を登るしトリップトラップにも目を離すとすぐに登ってしまいます。気分はジャングルジムとかハシゴ?みたいな。

このトリップトラップよじ登りで今日はびっくり仰天。下の子ちゃんのにはまだベビーセットを取り付けてあるのですがなんとちょっと目を外した隙に、そのトリップトラップによじ登ってベビーセットの中に入って座ってた。

ちゃんと座っていたのではなくて、横向きで足が片方だけ入って動かなくなっていたところを捕獲しました。上の子ちゃんのベビーセット無しのトリップトラップにも登って座ろうとします。

でもベビーセット付のに登られるほうが格段に危ないので食事のときベビーセットを試しに外してみたのですが落ちたものを拾おうとしたり、遠くの食べ物を取ろうとしたりするのでそれはそれで危なくてまた取り付けました。

なんでも自分でやりたがるし、上の子やわたしたちの真似をしたがるのでトリップトラップにも自分で上り下りしたいんだと思うんですが恐くて目が離せません。

かといって2脚もあるのをイチイチ片付けるのも大変だしどうしたものか悩みます。オプションでよじ登り防止の「ねずみ返し」みたいなの・・・あるわけもなし。上の子ちゃんはベビーセットを付けていた時代にこんなことはしませんでした。困ったことを始めてくれたものです。。。

スポンサーリンク