【1歳1ヶ月】ハイハイとあんよと歯磨き事情

末っ子ちゃんはいま歩くのが楽しくて仕方がないみたい。バランスを崩してよくしりもちをつきますが、それでも起用にすくっと立ち上がってまたよちよち歩き出します。そのふらふら具合がまた、たまらなくかわいい!はいはいもたまにまだ見られますが、もうほとんどあんよで移動するようになりました。

歩き始めたのは特に早いわけじゃないんですけど、身長が75センチくらいでよちよち上手に歩くのがとても不思議。上の子は1歳で80センチと体が大きかったし、真ん中の子が1歳4ヶ月ごろから歩き始めたからもう少し身長も伸びていたんだと思います。体も軽くて8キロ台。検診でもやせ気味ですねといわれたけれど、誰もが驚く食いしん坊。なので心配していません。

歯磨きが大好きで、歯磨きするよーと声をかけるとまっさきに洗面所に来るのは末っ子ちゃん。やる気満々。だけど、歯ブラシをかんで歯磨きをを食べているだけなので、仕上げ磨きは欠かせません。それなのに自分で磨きたがって歯ブラシを取り上げるとぎゃんぎゃん泣いて怒ります。涙までだらだら流していたくせに、歯ブラシを返すとけろっと泣き止む。おもしろい子です。

歯磨き粉は上の子たちも使っているWeledaの子供用歯磨き(楽天)。相変わらず子供たちはこの歯磨き粉を食べるために歯を磨いているような感じです。毎回はしませんが、3歳の下の子のお友達ですでに虫歯になった子もいるので5歳の上の子も夜は必ず仕上げ磨きをするようにしています。3人の子の歯をせっせと磨いていたら自分の歯磨きがおろそかになっていたのか、奥歯の溝が少し黒くなっているのを発見していま集中ケア中。色が取れるといいんですけど。

子供3人分の歯磨き、耳掃除、爪きり。そんなところが最近大変だなと思うことがよくあります。だって、自分のとあわせて口は4個、耳は8個、爪は80個。もっと年齢が開いていたら上の子が自分でできるだけじゃなく手伝ってくれたのに。

昔の子沢山家族みたいに、2歳間隔くらいで10人くらい産んだら最初の3人くらいは自分の親とか姉妹とか姪とかが手伝ってくれて、その後は自分の子が下の兄弟の面倒を見てくれていたんですよね。いまの子育てってノウハウも子供たちに伝わらないし、親も大変だし、とても効率が悪い気がします。

スポンサーリンク