【1歳1ヶ月】減ってきたハイハイとなんでも真似っこ

末っ子ちゃんは1歳の誕生日を過ぎて歩き出してから、まだ1ヶ月くらいしか経っていないのにとてもあんよが上手になってきて、ハイハイがどんどん減ってきました。バランスを崩してうしろにすとん、としりもちをつくことが多い子なのですが、しりもちの回数がだいぶ減ってきました。

歩き始めが1歳4ヶ月ごろとやや遅かった真ん中の子と比べると、足の形というか、足首から先のしっかり具合が違います。足の裏がしっかりしていて、足自体もかたく締まった感じ。太ってるやせてるというのとはまたちょっと違います。靴を履かせるのも、真ん中の子は1歳すぎだとまだ全体がぐにゃっとやわらかくて、履かせるのが難しかったです。

ひとりめだと1歳を過ぎて歩かないとそろそろ心配になってくる方もいらっしゃるかもしれませんが、この頃の発達の個人差はとても大きいのでまだぜんぜん心配しなくても大丈夫です。

末っ子ちゃんは上の子ふたりや、わたしたちのやることを驚くほどよく見ていて、いろんなことを自分でもやろうとします。なんでも自分がやりたい!というタイプの性格みたい。自己主張は強いのに、発語はゆっくりみたいでおしゃべりしている気分にはなっているのに何を言ってるのかさっぱり分かりません。でも言いたいことはけっこう分かります。

まったく他人のやることを見ていないように見えた上の子ちゃんとぜんぜん違います。真ん中ちゃんよりさらによおく他人を観察してるみたい。そしてあまりおっとりした性格ではないみたい。(笑)

末っ子ちゃんの困るところは、自分でやりたい気持ちが強すぎるので、歯磨きの仕上げ磨きなど大人がやらないといけないことでも自分でやりたがって泣き叫ぶこと。自分で歯ブラシを持って歯磨きをしている気分になっているときは最高にご機嫌ですが、わたしが歯ブラシを取り上げたところで絶叫して抗議します。上の子ふたりの仕上げ磨きも見ているはずなのに、歯ブラシは渡したくないみたい。大口開いて泣き叫ぶので、その間に少ない前歯を磨いて歯磨きを返すと、けろっとしてまた自分で歯磨きしてるつもりになってます。

いまからこの調子だと、イヤイヤがはじまるのも早そうな気がします。もうすぐ3歳の子がイヤイヤやってるのは仕方がないにしても、5歳でいまだにイヤイヤ期が続いてる?と思わせる上の子ももうすこし落ち着いてくれないと大変です。3人そろってイヤイヤやられたら・・・先のことはあまり考えないほうがいいみたいです。

スポンサーリンク