【1歳5ヶ月】手をつないで歩くのが嫌いな子

忙しくしている間にとうとう8月になってしまいました。夏休み・・・ああ、夏休み。たぶんこれから数年間、毎年1年でいちばん大変なのは8月です。

5歳の上の子は騒がしいときは騒がしくて大変ですが、最近はありがたいことに字を書くことにはまって、まるで写経のように自分でもよくわかっていない字を片っ端から写してくれるのでその時間はとても助かっています。片面が白い紙をいらない紙として落書き用に箱に入れて子供たちのお絵かきに使ってもらっていますが、何でも構わず書き写して遊ぶので、突然思いがけない作品が完成してしまいます。得意げに見せられるのですが、物によっては突拍子もないことが書いてあるので笑いをこらえるのに苦労したりもします。興味は書く事だけで、読むことや内容は今のところ完全にどうでもいいみたいです。

3歳の真ん中は夜以外はトイレでしっかりできていますが、夜のおむつはまだ外していません。本人もおねしょが嫌みたいで、暑いけど寝るときは自分からおむつをして、と言ってきます。オムツで寝ると朝まで濡れていないのに、相変わらずパンツで寝るとかなりの確立で失敗するので、ここ最近は本人の希望もあって夜は必ずオムツ。

末っ子は1歳5ヶ月になりました。1歳になるまでも早いとおもったけれど、1歳を過ぎてからの速さはすごいです。こんなにかわいいのにどんどん育っていってしまうので気持ちが焦ります。

あんよがしっかりしていて本人もたくさん歩きたがるのですが、タイトルの通り、手をつないで歩くのがとても嫌いで困っています。手をつないでくれるならもっと歩かせてあげられるのに、手をふりはらってひとりで歩きたがるものだから仕方なくベビーカーに乗せてしまうことがよくあります。もちろんすごい声で最初は泣き叫びます。

さすが3人目。でもこちらも3人目で慣れているので泣こうが叫ぼうがえびぞりになろうが、よっこらしょとベビーカーに無理やり乗せてさあ行こう!余裕余裕。まわりの目だってもうほとんど気になりません。そうするとまわりもそれほど気にしていないように感じて(笑)ひとりめの時のあのいたたまれなさってなんだったんでしょうね、って思います。本人もこの世の終わりのように泣き叫んでいたくせに、下ろしてもらえないとわかるとケロッとして機嫌よく座ってます。

階段を歩いてのぼったり降りたりするのも好きなのですが、まだ不安定なのに手をつなぎたがらないので手すりに手が届かないような階段ではそうとう危なっかしいです。手をだしてもキーキーと泣いて怒るので時間があるときはひとりで階段も歩かせるんですけど、壁沿いをふらふら歩く姿には通行人がおもわず緊張するらしく、思わず手を貸してくださる方とかもいます。

わたしだと怒るくせに、やさしい他人だとニコニコ手を繋がれて歩いたり。 

コ ノ ヤ ロ ウ

猛烈かわいいんですけど、親がいじわるしてるみたいに取られそうな気がして少々むかつきます。そういう視線を向ける方もいるので。

とにかく我が家や騒がしく元気にしています。子供たちの元気さと比べてわたしは若干バテ気味ですが、お互い暑さには気をつけて元気に夏を乗り越えましょう。

スポンサーリンク