オット・・・それはちょっとどうかと思うよ。

おかげさまで入院していたオットは無事に帰宅できました。
少し動いて体が慣れたらすぐに普通の生活に戻れるそうです。よかった。
急な事だったので、上の子と同じ年の子がいるご近所さんに
たくさん助けていただいてしまいました。
こういう時に親戚が近くにいないというのはとても大変です。
大変だったけどいろんな方の好意がとても嬉しかった。

今回救急車を呼ぶときに焦ってしまって電話番号が分からなくなりました。
そんなことってあるのかな、と思っていたけど、あるんですね。
コルクボードに張っておいた緊急電話番号一覧が役に立ちました。
住所もすらすら言えなかったのでもしもの時に備えてこれも書いて
張っておこうと思います。

検査の合間にオットとふたりで雑談をしていて、
「下の子がカモに似ていると思う」と言ったら、
「それボクも思ったことある!」と同意してもらえました。
ハイハイのお尻のふりふり具合とか、
ご飯ちょーだい、ちょーだい!の目つきとか、とても似てます。


でもその先がわたしには同意できませんでした。
「カモだけじゃなくて最近は小さな生き物全部○○○(下の子)に見えるんだ」
「え?どういうこと?」
「この間はカバンの中から出した書類にクモが付いていてね、」
「・・・うん」
「見た瞬間ああ、○○○みたいだなぁと思ってさ。
ココで元気に暮らしなね、ってそーっと本棚におろしてあげたんだ」

「それはカタツムリとかチョウチョとかハエでも下の子に見えるかもってこと?」
「ウン、そう。」

元々虫好きの人ではないのに、下の子かわいさのあまり
小さな生き物が本当にぜんぶ下の子に見えちゃうそうです。
犬も猫も鳥も虫もぜ~んぶ。
わたしは鳥まではわかるけど、虫は無理。
世の中には他にもそういうパパやママがいるのでしょうか。

  

スポンサーリンク