赤ちゃんを見て言って欲しくない言葉

今回の出産はふたりめで、いろんなママ友達やご近所さんが赤ちゃんに会いに病院や自宅に来てくれました。産後の痛みが強くて、来客は嬉しいけど辛いという感じだったひとりめの出産。今回は痛みもすぐに良くなったので心から来客を喜べて嬉しかったです。

前回は子供がいない友達が多かったので、抱かせて!と抱いてくれるのは嬉しいけど首ぐったりに抱っこしてくれたり、おもむろに首のすわらない子をフローリングの床に腹ばいで置こうとした友達もいました。みんなこわごわ、珍しいものを見に来た感じ。今度はまわりもベビーの誕生が相次いでいるのと、子育て友達も増えたので子連れで来てくれる人がほとんどでした。

前は赤ちゃんが大きいとか、小さいとか、パパに似ているとか、わたしに似ているとか、髪がとか、手がとか、散々好きな事を言われて不愉快に思ったことをなつかしく思い出します。

自分自身に余裕が無かったからそんな言葉や出来事にぴりぴりしてました。なので他のママの赤ちゃんに会いに行くときは、赤ちゃんについてはできるだけ「かわいい」以外は言わないようにしています。大きいとか、小さいとか、パパに似ているとか、ママに似ているとか、わりと普通に言う感想だと思うんですが、それが意外と嫌だと感じることがあるんです。


ふたりめのお祝い、リクエストでバスタオルをお願いしました。
下にひいたり、上にかけたり大活躍。
いただいたのは上の子が気に入ってお昼寝に使っちゃってますが。。。

産後のママはけっこう長い間、精神的に不安定になります。普通は半年もすれば落ち着いてきますから、もし会話でひっかかることがあっても軽く流して様子をみてあげてください。

スポンサーリンク